ドローン用超軽量機材と小型燃料電池システムの開発

○開発概要

本事業では、地球環境測定や災害救助、物流を主な使途とする最大離陸重量25kg未満と150kg未満の2つの重量カテゴリーに属する無人航空機(ドローン)を開発します。研究期間を3年とし、飛行時間を開発の重点要素とします。安全性を確保しつつ長時間飛行するために機体構造材料の軽量かつ強度化と駆動機構の小型化に主眼をおきます。本年度は、最大離陸重量25kg未満ドローン用の超軽量炭素繊維複合材料と、小型燃料電池からなる電源供給システムの開発を行いました。

○今後の取組

研究(実用化)開発の目標について:本事業の目標は、平成31年度までに長時間の飛行が可能な最大離陸重量25kg未満の小型機と150kg未満の大型機を試作することです。そのために機体専用の超軽量炭素繊維複合材料を創り特性評価をし、さらには小型燃料電池やハイブリッド電源等長時間飛行のための電源供給システムを開発します。平成31年度までにペイロードが10kg程度で飛行時間が30分の小型機の実機販売を計画しています。

浜通り復興へのメッセージ:このたび弊社は一般社団法人環境ロボティクス協会から技術的支援を受けつつドローンの新規製造に参入いたしました。浜通り地域の活性化と若い方々への雇用の場を提供することが目的です。地元に製造工場を新設し、福島ロボットテストフィールドを活用して実機生産を目指します。浜通り地域の企業の皆さまとの協力を希望します。